MENU

気管支炎とロキソニンという薬について

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
名前からもわかるように気管支に異常が発生している状態のことになりますが、気管支炎とは次のような特徴があります。
細菌やウイルスに感染をすることで、気管支に炎症が発生し、その結果咳や痰が出て呼吸が苦しいというような症状を引き起こす要因になっています。
慢性や急性というようなものに分けることができます。
しっかりと原因を追及して治療をする必要があるので、症状が悪化しないうちに病院を受診するというのが理想です。
その中で症状が比較的軽いという場合に、市販薬を使うという人がいます。
現在ではたくさんの薬が販売されていますが、その中でロキソニンというものがあります。
ロキソニンとは、主要成分がロキソプロフェンナトリウムというものになっています。
この成分は炎症や発熱を引き起こす原因物質となっているプロスタグランジンという物質の生合成を抑制するという働きがあります。
またロキソニンは非ステロイド系の炎症薬です。

スポンサーリンク

したがって安全性が高く、幅広く処方されているという特徴があります。
しかし必ずしも副作用がないということではありません。
気管支炎に効果があると考えられているロキソニンですが、その服用方法は次のようになっています。
これは胃への負担を軽くするプロドラッグとなっていますが、胃腸への負担や副作用には注意が必要となります。
したがって服用をする場合には、服用期間や周期などの指示にしっかりと従う必要があります。
服用の時期については、食後が基本となっています。
この薬を服用するときには注意しなければいけないことがあります。
それは他の薬物との併用に関してです。
作用を低下させるものとして、チアジド系の利尿高圧がある成分があります。
このほかには糖尿病患者が服用しているものは、一緒に服用することでその効果を高めてしまう危険性があります。
したがって糖尿病の傾向があるという人は、医師にあらかじめ伝えておくことが必要になります。

スポンサーリンク