MENU

気管支炎の点滴治療について

スポンサーリンク

気管支炎と診断されたときには、症状が軽い場合にはそのまま様子を見ることができますが、急に症状が悪化することもあるので病院を受診するというのが理想となっています。
病院での治療は吸入器を使ったものが主流となっていますが、風邪と同じようにウイルスや細菌に感染することによって発症するようになっています。
気管支炎の症状は、風邪とあまり違いがないということで、そのまま自宅で治療を行うということがありますが、なかなか回復しないときや症状が悪化したときには、すぐに病院を受診するようにします。
病院では診察をうけて治療が行われるようになっていますが、急性の場合には抗生剤が処方されるようになっています。
しかし原因となっている菌によっては、抗生剤では効果がないこともあるので、それぞれにあわせた薬を使うことが基本となります。
これは素人では判断をすることができません。
したがって専門の医師に診てもらうことが必要になります。

スポンサーリンク

気管支炎の治療を行うときに、点滴が使われることがあります。
症状が気管支炎にとどまっているときには重症化することはありませんが、これが肺にまで広がってしまうと、肺炎になってしまう可能性があります。
風邪と思っていたのが気管支炎であり、それが悪化して肺炎になるということは珍しいことではありません。
したがって早めの対処が必要となります。
炎症範囲がどの程度まで広がっているのかということで判断されるようになっています。
症状が悪化してしまうと、体がつらくなるので食事を摂取することも難しくなってしまいます。
すると脱水症状を引き起こす危険性があるので、それを避けるために点滴が行われるようになっています。
点滴の目的は脱水症状の改善となっていますが、ビタミンなどの栄養補給があわせて行われることもあります。
この他に気管支炎の治療薬として点滴が使われることがあります。
この場合には、主治医の指示が必要となっています。

スポンサーリンク