MENU

気管支炎とパルミコートについて

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
肺に関係している病気となっていますが、状態によっては激しい運動を控えなければいけないことがあります。
その中で症状を抑えるために病院を受診する人がいますが、気管支炎に処方されてくる薬がいくつかあります。
その中でパルミコートというものがあります。
このパルミコートという薬は、気道の炎症を抑える吸入薬となっています。
したがって喘息などの治療にも使われています。
パルミコートは体の中でどのような働きをするのかというと、主成分がステロイドの一種となっています。
ステロイドには強い抗炎症作用があるので、気道の炎症を抑えることができます。
気管支炎は期間や気管支が炎症を引き起こしており、少しの刺激によってけいれん収縮をして気道が狭くなってしまいます。
したがってこの薬が有効に働くようになっています。
毎日の生活の中でこの薬を服用し、気道の炎症を抑えておくことで、発作を予防することにつながります。

スポンサーリンク

パルミコートは自然な呼吸で薬の吸入をすることができるようになっているので、吸気力の弱い乳幼児には有効な薬となっています。
この薬が処方されるときには注意をしなければいけないことがあります。
診察の際にアレルギーがあるという人は、医師にしっかりと伝える必要があります。
また事前に正しい吸入方法の説明を受けておくことが必要です。
細菌や真菌による重い感染症があるという人がいますが、この場合慎重に使わなければいけません。
感染症を併発した場合には、症状が悪化することもあります。
したがって感染症の治療もあわせて行う必要があります。
これは症状が出たからといって服用するものではありません。
普段から予防薬として規則的に吸入するようにします。
基本的に1日2回吸入するようにします。
吸入を上手にできないという人は、吸い残しがないかしっかりと確認するようにします。
この薬を服用しても発作が治まらない場合は、病院を受診します。

スポンサーリンク