MENU

気管支炎に良い飲み物について等

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支に炎症が発生してしまうという疾患で、実際に経験したという人も少なくないです。
そもそも気管支とは空気が行き来する気道の一部で、気道の到達地点である肺にとても近い位置にあります。
 ちなみに気管支は単純に空気の通り道であるだけではなく、口から入った異物を除去するという役割も担っています。
そのため気管支粘膜の内側表面は平らではなく、線毛と呼ばれる細かな毛に全面が覆われています。
口から異物が侵入してくるとこの線毛が絡め取り、痰と一緒にして体外へ排出してくれるのです。
この働きによってあらゆる感染症等から守ってくれているので、気管支に異常が出たら速やかに治療するのが望ましいと言えます。
 気管支炎が発生する原因については、肺炎球菌やインフルエンザウイルス等への感染が挙げられます。
風邪を引いて悪化させた結果として気管支炎を発症するケースがあるのも、さして珍しい事ではないです。
 感染症以外にも微生物や真菌の侵入、喫煙等によっても発症する可能性があるので普段から注意する必要があります。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪の症状と似た部分があり、勘違いして市販の風邪薬を服用してしまう人もいます。
具体的に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感等がありますが一番特徴的なのが咳が現われる点です。
この疾患による咳は初期の段階では乾いた咳である事が多く、進行するに従って痰が絡むようになります。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、消炎薬や咳止めの薬等が処方されます。
他にも原因が細菌感染だとハッキリしている場合には、抗菌薬を使って根本的な治療をするようになります。
 ちなみに、こうした病院での治療と並行して普段の飲み物に注意する事で、症状の改善を促すのも良い方法だと言えます。
気管支炎に良い飲み物の代表的なものとしては、日本独特の飲み物である緑茶を挙げる事が出来ます。
緑茶には高い抗菌作用がある事が分かっているので、普段から飲む事で発症を予防する効果もあります。
ただし良い効果のある緑茶もカフェインを含んだ飲み物一種なので、睡眠前に飲むのは避けたほうが賢明です。

スポンサーリンク