MENU

緑茶が気管支炎の症状を軽減してくれる

スポンサーリンク

気管支炎は風邪などのウイルスや細菌の感染により起こった喉や鼻の炎症の場所が、さらに身体の奥にある気管支になってしまったことで起こります。
これは喉や鼻にウイルスや細菌が感染していた段階で治療をきちんと行わなかったことが原因で、ストレスや疲労、栄養不足などで免疫力が低下しているタイミングで起こりやすくなります。
しつこい咳や痰がでるのが特徴ですが、そのまま放置しておくと症状が悪化して肺炎になってしまったり、喘息を引き起こす原因となってしまうのでなるべく早めに病院で治療を行うようにしましょう。
しかし、仕事の都合などで病院に行くことが難しいという人は、なるべく体力を落とさないようにすることが重要です。
免疫力が上がれば症状の軽減効果も期待できるため、栄養バランスのとれた食事をたべたりしっかりと睡眠を取ることで体力を落とさないようにしましょう。
また、気管支炎の症状を軽減してくれる効果が期待できる緑茶を積極的に利用すると良いでしょう。

スポンサーリンク

気管支炎の原因となっているのは細菌やウイルスの感染です。
もともと人間の身体には免疫力で有害なウイルスや細菌の侵入を防ぐ効果があるのですが、体力が低下している時には免疫力が本来の働きを行うことができなくなってしまいます。
そこで殺菌効果が高い緑茶をうがいに使うと良いと言われています。
インフルエンザや風邪予防として緑茶でのうがいを取りいれている小学校などもあります。
冷たすぎたり暑すぎると気管支に影響を与えてしまうことがあるため、常温のものを使ってうがいを行います。
患部は気管支ですが、緑茶にはビタミンCが多く含まれていて喉の粘膜の補修を行ってくれるため、緑茶をうがいだけに使うのではなく、食後に飲むようにするのも効果が期待できます。
飲むときには冷たい緑茶は身体を冷やしてしまうため温かいものを飲むようにします。
また、カフェインが多く含まれているため睡眠の前に飲むのは向いていません。
しっかりと睡眠を取るためにも夕食後など睡眠の数時間前までに飲むようにしましょう。

スポンサーリンク