MENU

気管支炎と幼児の嘔吐について

スポンサーリンク

気管支炎というものがありますが、この中で急性といわれているものがあります。
とくに幼児に発症することが多くなっていますが、風邪などをこじらせたときに発症する確率が高くなっています。
細菌に感染をすることで、気管支が炎症を起こしている状態になっています。
症状が進むと肺炎になることもあるので注意が必要となります。
風邪をひいた後に最近に二次感染をし、その後急性気管支炎を発症することもあります。
具体的にはどのような症状が現れるようになっているのかというと、ひどい咳や痰が続き、発熱が見られるようになっています。
とくに幼児の場合には高熱が出やすくなっています。
幼児は気道が狭いということで、呼吸をする度にごろごろというような音が聞こえることもあります。
胸の痛みを訴えたり、元気がなかったり食欲が低下したり、この他には咳と共に嘔吐の症状が見られることもあります。
またここで注意をしなければいけないことがあります。

スポンサーリンク

それは急激に症状が進んで細気管支炎や肺炎になることがあるので、熱が続いたりひどい咳が出るというようなことがあれば、病院を受診するようにします。
幼児は非常に気道が狭くなっています。
したがって痰が呼吸の邪魔をすることがあります。
その結果呼吸の際に音がすることがあります。
これはぜんそく様気管支炎と呼んでいます。
症状は時間の経過と共に治まっていきますが、熱が出ないというのが大きな特徴となっています。
また呼吸困難を引き起こしても、呼吸が速くなることもありません。
自宅ではどのようなケアをすればいいのかというと、家の中で安静に過ごすようにします。
熱があるときや嘔吐などの症状が見られるときには、脱水症状になりやすくなっています。
したがって水分補給をしっかりと行うようにします。
嘔吐をしたときにそれが気道を詰まらせないようにすることも必要です。
食事は一度にたくさんの量を摂取するのではなく、何回かに分けて摂取するようにします。

スポンサーリンク