MENU

気管支炎の原因と症状そして治療費と治療法

スポンサーリンク

気管支に何らかの原因で炎症が起こり、痰や咳などの呼吸器系の症状が現れる疾患を総称して「気管支炎」と言います。
急性の気管支炎の殆どの場合が、マイコプラズマやウィルスの気管支への侵入による感染が原因です。
そして慢性の場合は数ヶ月に渡り、乾いた咳や痰が絡むなどの症状が長期的に続く場合を言います。
症状が長期化する原因として、緑膿菌などの感染、鼻腔気管支症候群などの疾患が原因である場合が多いとされています。
また過度の喫煙も満足気管支炎の発症要因とされています。
気管支炎の主な症状は、乾いた咳や痰の絡みなどですが、他に背中の痛みや肩こり、関節痛などが現れることもあります。
また稀ですが下痢や嘔吐といった症状が出ることもあります。
このような症状が現れたら、内科または呼吸器科をすぐに受診しましょう。
症状が風邪と似ているため、放置してしまう人が多いのが大きな特徴です。
放置しておくと重症化することもある疾患ですので、早期に受診と専門的な検査が重要とされています。

スポンサーリンク

気管支炎と診断を受け、入院の必要がない場合は治療費は五千円前後が一般的です。
入院が必要な場合の治療費が、入院1日あたり二万円以上かかるのが一般的です。
治療費は治療を受ける各呼吸器科や内科により差がありますので、事前に調べておくことをお勧めします。
気管支炎の治療法は、急性の感染症の場合は「安静」を保ち、十分に「栄養」を摂ることが重要とされています。
咳が激しい場合には「鎮咳薬」という、症状を和らげる内服薬が処方されます。
症状が慢性の場合や、気道感染症の可能性がある場合には、まずは専門的な検査を行います。
検査は主にレントゲン撮影、血液検査、喀痰検査が基本的となります。
また必要に応じてCT検査、気管支鏡検査を行うこともあります。
これらの検査により気管支の炎症の原因となっている疾患を明らかにし、その疾患に応じた治療を行うのが基本です。
慢性気道感染症と診断された場合には、適正な抗生物質の内服が主な治療となります。

スポンサーリンク