MENU

気管支炎などに用いるプレドニン

スポンサーリンク

気管支炎に用いる薬にプレドニンがあります。
プレドニンに含まれるプレドニゾロンという成分は、アレルギー反応や炎症を抑える作用があります。
炎症系・免疫系・アレルギー性の病気に使用されるステロイド薬であり、ネフローゼ・重度の喘息・関節リウマチ・重いアレルギー症状・耳鳴り・めまいに用いられます。
他に、臓器移植の後に起きる拒絶反応を抑制するために使用することもあります。
ステロイド薬として広く用いられているプレドニゾロンという成分は、人の生活の中ではプレドニンという薬として知られていると思います。
気管支炎は大人も子どもなるもので、ひどい咳や長引く咳が特徴です。
大人の場合は自然に治ることが多いのですが、子どもの場合はぜんそくや肺炎を合併する可能性が高いとされます。
合併しやすいぜんそくや肺炎は気管支炎のように自然治癒が難しいものなので、気管支炎の時に適切な服薬をして治す必要があります。
大人は自己管理ですが、子どもの場合は周囲の大人がちゃんと管理する必要があります。

スポンサーリンク

子どものぜんそくは大人になるにつれて症状が軽くなるといわれています。
ぜんそくに関しては大人の方が注意が必要で、大人になってからぜんそくを発症すると子どもぜんそくより症状が重くなるといわれています。
気管支炎になってしまった時には、適切な治療を受ける必要があります。
基本的には投薬治療なので、薬の服用方法を守ることが大切です。
また、風邪のような症状が続いたり咳が治まらない場合は気管支炎の疑いがあるので、早めに病院へ行って診てもらうと良いと思います。
ぜんそくは服薬で何とかなることが多いのですが、肺炎になると命に関わることもあります。
肺は生きていく上で必要な呼吸をする臓器なので、支障が出ると生命維持に問題が生じます。
ぜんそくは気管支、肺炎は肺に起こる病気です。
咳が長引く・咳がひどくなっている・咳の時に変な音がする・咳の時に胸が痛い場合は、ただの風邪として軽く考えずに病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサーリンク