MENU

気管支炎から喘息になるか否かについて等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きる疾患の事で、年代や性別を問わずに誰でも発症する可能性があります。
そもそも気管支とは空気が行き来する気道の一部で、肺にとても近い位置に存在しています。
気管支は空気が行き来する管である以外にも、口から入った異物を除去する働きも担っています。
気管支の粘膜表面は線毛と呼ばれる細かな毛が覆っていて、この線毛で異物を絡め取り痰と一緒に体外へ排出します。
 気管支炎が発生する原因についてはいくつか考えられますが、中でも一番多い原因とされているのが感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、代表的なのはインフルエンザウイルスや肺炎球菌等になります。
 それ以外にもカンジダのような真菌や、マイコプラズマに代表される微生物が原因となって発症するケースもあります。
喫煙や大気汚染といった生活習慣や生活環境が影響を及ぼす可能性もあるので、普段から注意する事が大切です。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては発熱や頭痛、喉の痛みや咳等がよく知られています。
中でも咳は特徴的な症状で、最初はコンコンという乾いた咳なのですが、状態が悪化してくると痰が絡んだ湿った咳に変化します。
気管支炎は適切な治療をせずに放置を続けると肺炎になる場合もあるので、速やかに病院を受診する事が望ましいです。
 病院で行なわれる治療方法は薬物療法が基本で、消炎薬や痰を溶かす薬等が処方されてます。
 ちなみによく気管支炎から喘息になるという噂を聞きますが、これに関しては可能性が低いと考えられます。
何故なら気管支炎と喘息は発生する原因が全くの別物なので、気管支炎から喘息になるという事は基本的に考えられないのです。
 気管支炎の主な原因は細菌やウイルスによる感染症ですが、喘息はハウスダスト等に対するアレルギー反応が原因となります。
また喘息の場合には遺伝が発症に影響を与える場合もあるため、気管支炎から喘息になるというのは考えにくいとされています。

スポンサーリンク