MENU

気管支炎で出る痰が透明な場合の原因について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支で炎症が起きるという疾患で、誰でも発症する可能性のある疾患になります。
そもそも気管支とは空気が行き来する気道の一部で、肺にとても近い位置にある部分です。
気管支は空気が行き来する部分である以外にも、体外からの異物の侵入を防ぐ役割も担っています。
 気管支粘膜の内側表面は線毛という細かな毛で一面が覆われていて、この線毛で異物をキャッチします。
キャッチした異物は痰と共に体外へと排出される仕組みになっていて、あらゆる感染症等から体を守っています。
このように気管支は大切な役割を担っているので、異常が発生したら速やかに治療する事が重要です。
 気管支炎が発生する原因として一番有名なものに、細菌やウイルスへの感染というものが挙げられます。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、よく知られているのはインフルエンザウイルスや肺炎球菌になります。
 他にもマイコプラズマのような微生物や喫煙等が原因となる事もあるので、普段から気を付けておく事が望ましいです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や喉の痛み等が挙げられます。
これらの症状は風邪を引いた時の症状と似ているので、初期の段階では勘違いしてしまう人も少なくないです。
ただ気管支炎の場合には必ずと言っていいほど咳の症状が現われるので、判断の目安とする事が出来ます。
 ちなみにこの疾患で発生する咳は初期の頃は乾いていますが、進行すると痰が絡む事が多いと言われています。
この時の痰の色は様々で黄色や緑色、無色透明等があり、色で原因を推測する事が出来る場合があります。
 例えば黄色の場合にはウイルスや細菌の感染、緑色の場合には副鼻腔炎や喫煙等が原因となっている場合が多いと言われています。
ちなみに無色透明の場合には細菌等の感染ではなく、アレルギー反応等が原因となっている場合が考えられます。
例えば花粉やダニ、ハウスダスト等に対するアレルギー反応が起きている可能性が高いと言えます。
それ以外にも痰が無色透明で息苦しさがあり、ゼイゼイと独特の呼吸音がする場合には気管支喘息を患っている可能性が出てきます。

スポンサーリンク