MENU

気管支炎とランニングについて

スポンサーリンク

気管支炎という疾患があります。
これは日常生活と非常に関わりの深いものとなっています。
とくに運動をするときには注意をしなければいけません。
気管支炎になるとランニングなどの運動をすることができないと考えている人がいますが、決してそのようなことはありません。
ここで大切なことは、運動をすることによるメリットがあるということです。
したがって適切にランニングなどの運動をすることで、症状を軽くすることができます。
しかしすべての人が運動をすることができるということではありません。
症状をしっかりと観察して判断をすることが必要になります。
その中で運動をしてはいけないときはどのようなときかというと、気管支炎の症状を持っていて体調が優れないときとなっています。
苦しい状態で運動をするというのは非常に危険となります。
運動をすることでストレス解消をすることにつながりますが、体調が優れないときにはできるだけ控えておくようにします。

スポンサーリンク

したがってここで大切なことは、ランニングなどをするときには、しっかりと自分の体調を観察することです。
息苦しさを感じたり咳が出ているというようなときには、運動はやめるようにします。
とくに冬には注意が必要です。
慢性気管支炎の人が悩まされやすい時期となっているので、必ず体調の確認をしておきます。
しかし逆に運動をしてもいいときがあります。
それは体調がいいときとなります。
この場合軽いストレッチから行うようにします。
ストレッチを初めてその後で軽いランニングを取り入れるようにします。
距離も長くしないようにします。
慣れてきたら少しずつ長い距離を走るようにします。
また次の日に疲れが残らない程度で体を動かすようにします。
長時間運動をすることで翌日に疲れが残ってしまうという人もいます。
ストレス解消だけではなく肺機能の改善の効果もあるので、上手に取り入れていくようにします。
また運動をするときには、かかりつけ医に相談をすると安心です。

スポンサーリンク