MENU

高熱が出る事もある幼児の気管支炎について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きる疾患で、性別や年代等を問わずに誰でも発症する可能性があります。
それはもちろん幼児にも同じ事が言えるので、幼い子供がいる家庭では注意しておいたほうが良いです。
 そもそも気管支とは空気の行き来がされている気道の一部で、気道の到達地点である肺に近い部分になります。
気管支の粘膜は表面全体が線毛という細かな毛に覆われていて、この線毛で口から入った異物を絡め取ります。
線毛で絡め取られた異物は痰と一緒にされて、体外へと排出されるという仕組みになっています。
そのため気管支に異常が現われた場合には速やかに病院を受診して、適切な治療を受ける事が大切です。
 気管支炎が発生する原因については様々な事が考えられますが、一番多いのが感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数あるものの、特にインフルエンザウイルス等が原因となる可能性が高いと言われています。
それ以外にも微生物や真菌の体内への侵入や、大気汚染がひどい環境で過ごす等が原因となって発症するケースもあります。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状については発熱や頭痛、全身の倦怠感や喉の痛み等が挙げられます。
また咳が発生しやすい事も一つの特徴となっていて、乾いた咳から痰が絡んだ咳へと変化していく場合が多いです。
 ちなみに幼児が気管支炎を発症した場合には発熱が発生する事も多く、38度以上の高熱が出る場合も珍しくないです。
高熱が何日も続くと体力の消耗が激しくなり食欲が低下する事もあるので、早急に病院で治療を受けるのが望ましいと言えます。
 病院で行なわれる治療方法としては薬物療法を行なうのが基本で、解熱剤や痰を溶かす薬等が処方される事になります。
また家でも快適に過ごせる環境を整える事が重要で、部屋の温度は常に一定に保つようにします。
また発熱によって脱水症状に陥る事もあるので、充分な水分補給を行なう事も忘れないようにする必要があります。
ちなみに水分補給には湯冷ましや幼児用のイオン飲料、冷ましたお茶等を与えるのが最適とされています。

スポンサーリンク