MENU

気管支炎の症状、原因 気管支炎に良い食べ物

スポンサーリンク

気管支は、上気道から肺の間の太い気道から枝分かれした空気の分かれ道です。
この気管支は、普段、微生物や塵などの異物を繊毛と粘液の働きよって口から外へ排出しますが、風邪などのウィルス感染ににより、繊毛の働きの機能が低下してしまい微生物や塵などが付着しやすくなり、気管支炎や肺炎を起こしてしまいます。
気管支炎になってしまう原因の多くがウィルスが殆どです。
風邪を引いたと思っていて、熱などの風邪症状が治まったのにもかかわらず、いつまでも咳がとまらないなどの症状があった場合、それは風邪によって気管支炎や肺炎などの病気にかかってしまったことが疑われます。
その際は、専門の医療機関の受診を受ける事が必要となってきます。
気管支炎は急性なのか慢性なのかで治療方法が異なってきます。
急性の場合、咳を沈める鎮咳薬や痰を切りやすくする去痰薬などが処方されます。
慢性の場合、去痰薬やネブライザーなどの吸入療法や菌の繁殖を抑えるため抗生物質が用いられます。

スポンサーリンク

痰の排出や、咳を沈める治療として良いとされているのが吸入器を使った療法になります。
うがいでは届かない喉の奥の殺菌や消毒、喉の痛みの緩和などに効果があるようです。
副腎皮質ホルモン剤(ステロイド)は効果があり副作用も少ないといわれていますが、痛みや喉の違和感声のかすれ、喉にカンジタなどのカビが増えやすくなってしまうと言われています。
良い点は、他の薬剤の使用が少なくてすむと言われていますが、効果が出るまで時間もかかってしまうようです。
また使用をやめてしまうと再発の可能性があるため使用の際には、必ず医師に相談されることが良いでしょう。
気管支炎の治療中に良いとされている食べ物は、パイナップル。
パイナップルに含まれるタンパク分解酵素は、気管支を緩める効果がある為です。
大根とはちみつ。
大根には抗菌作用、はちみつには炎症を抑える効果があります。
食べ物以外の飲料は、殺菌作用のある緑茶などが良いでしょう。
気管支炎の時に避けたい食べ物は、食べる際に湯気を吸い込んでしまい咳を誘発してしまう鍋類。
刺激物と言われています。

スポンサーリンク