MENU

気管支炎の咳はいつまで続くか

スポンサーリンク

気管支炎は咳が長引く病気で、いつまでそれが続くか不安になることがあります。
一般に気管支炎が長引くときはウィルスに感染していることが多く、そのウィルスがいなくなったら咳は止まることが多いです。
ウィルスが感染しているときは黄色い痰がでます。
その痰がでなくなったら気管支炎自体が自然と良くなります。
しかし、人によって痰がでなくなっても咳が続いて、いつまでこんな状態が続くのだろうと不安になることがあります。
痰がでなくなっても咳が出るのは、ウィルスに感染による刺激が原因のことが多いです。
このような場合は西洋薬も漢方薬が効くことがあるので、試してみる価値があります。
漢方薬の中には喉の不快な症状を和らげるものがあるので、病院で処方してもらいましょう。
ほとんどの漢方薬は保険が適用されます。
漢方薬はいつまで飲めばよいと言う基準はありませんが、症状がおさまってきたら、早めにやめた方が良いでしょう。
ずっと飲んでいると副作用が出ることもあるからです。

スポンサーリンク

気管支炎の咳は長く続くことがありますが、長く続くと体に大きな負担がかかります。
できるだけ体に負担をかけないようにするのが重要で、特に冷たい空気を吸い込まないように注意しなければなりません。
この病気が続いているときは外出する時にマスクをした方が良いです。
長く続くときには他の病気も起こっていることがあるので、念のために病院で調べてもらいましょう。
気管支炎の中には慢性のものがあり、慢性の病気でも咳が出ることがあります。
慢性の方は長年による喫煙が原因のことが多いので、できるだけ早くタバコを止めることが大切です。
また慢性の気管支炎の場合は、呼吸機能も衰えます。
歩くときや階段を上るときに息が切れたら、この病気を疑ってみましょう。
慢性ではこの病気特有の症状が続いて、それが完治するのは難しくなることがあります。
そのような状態になったら、気管支を広げる薬や痰を体の外に出す適時薬を使って、症状を和らげていく必要があります。

スポンサーリンク