MENU

気管支炎で咳を我慢すると

スポンサーリンク

風邪をひいたときには発熱と共に咳が出ることがあります。
症状が軽い場合には、喉が炎症している程度となっています。
このような場合は喉を痛めてしまうことがあるので、我慢をすることでこの痛みを抑えることができます。
したがってそれを助けるために、飴をなめたりマスクをするという方法が効果的となっています。
呼吸器の病気として気管支炎というものがありますが、これは気管支が炎症を引き起こしている状態となっています。
肺から咳が出ている可能性が高くなっています。
これは痰を出すためには必要なこととなっています。
また咳を我慢するという人がいますが、これでも基本的に症状に変化が見られるということはありません。
その中で症状がひどくてつらいと感じることがありますが、このようなときには医療機関を受診するようにします。
そして医師の診断によって薬を処方してもらうようにします。
痰が出ているという場合には、去痰剤を服用することで痰を溶かすことができます。
したがって痰がさらさらの状態になります。

スポンサーリンク

気管支炎では呼吸器系に症状が出るようになっていますが、痰が絡まないような場合には我慢をしてもとくに問題はありません。
しかし逆に我慢をしてはけない状態があります。
それは湿ったような痰が絡んだ咳になります。
これは肺や気管支にある痰を外に排出するために出しています。
したがってこれを我慢していると、痰が肺や気管支にたまっていくことになるので、体にとってはあまりよくありません。
赤い血が絡んだような痰が出ることがありますが、これは気道が傷ついていることが考えられます。
この他に血栓が肺動脈を塞ぐ肺塞栓症という病気の可能性も考えられます。
何か特別な痰の症状があるときには、医師に状態をしっかりと説明をすることが大切になります。
気管支炎で咳を我慢すると症状が回復すると考えられることがありますが、これは痰が絡まない乾いた状態のとこだけです。
気管支炎では湿った状態の時にはできるだけ出した方が回復が早くなると考えられています。

スポンサーリンク