MENU

気管支炎とヴェポラップについて

スポンサーリンク

寒い時期になると空気が乾燥しているということで、風邪などの病気が流行することが多くなっています。
その中で風邪以外にインフルエンザやアデノウイルスというような細菌性ウイルスが原因で発症して、痰が絡んだような咳をすることもあります。
その結果幼児の場合には小児喘息を発症するというのも珍しいことではありません。
年齢に関係なくこのような呼吸器系の病気を発症することがありますが、子供が気管支炎を発症することがあります。
この場合痰が絡んだようなひどい咳が続くという特徴があります。
気管支炎では休む暇もなく咳が出るようになっているので、周りにいる人の方が慌ててしまうこともあります。
ここで大切なことは、子供の様子をしっかりと観察することです。
呼吸が苦しそうで呼吸をする回数が多くなっていることがわかります。
また鼻が膨らんだり縮んだりするような呼吸をしているときには、注意をしなければいけません。
肩で息をするという言葉をよく耳にしますが、このような場合にはすぐに病院を受診するようにします。

スポンサーリンク

気管支炎の症状がひどくなった場合には病院を受診することが大切ですが、診療時間外であっても必ず連れて行くようにします。
息ができないというのは非常に苦しいです。
毎日の生活の中で環境を整えるということも大切です。
その中の一つの方法として有効なのがヴェポラップを使うという方法です。
ヴェポラップは市販されている薬となっていますが、熱いお湯に濡らしたタオルにヴェポラップを塗り込んだものを部屋に干しておくと効果が期待できます。
室温の調節も大切です。
暑すぎても寒すぎてもいけないからです。
ここでの目安は、基本的に大人が快適と感じるような室温を保つようにします。
また部屋が乾燥しないように注意をすることも必要です。
加湿器があるのが理想です。
気管支炎の対処法としては、しっかりと状態を観察することになります。
熱がどのくらいあるのかを確認し、38度以上の場合は医療機関を受診するようにします。
また咳をしているときには、その咳の様子もしっかりと観察をします。

スポンサーリンク