MENU

気管支炎などの原因になる細菌を防ぐうがい手洗いは補助的なもの

スポンサーリンク

風邪や気管支炎の原因になる細菌の感染を防ぐためには、うがい手洗いが良いと昔からいわれています。
しかし、うがいに関しては細菌感染を防ぐ効果としては補助的なものになります。
口の中には微生物や善玉菌という良い菌たちがいるのですが、うがいをすることにより体外から侵入した細菌やウイルスと共に良い菌たちも流されてしまうということが生じます。
悪い菌の感染を防ぐ効果はありますが、体を悪い菌から守ってくれる良い菌たちも道連れになるということです。
なので、良い菌たちが体内に正常に存在している必要があります。
正常に存在しているということは免疫力が正常ということなので、良い菌たちを減少させないために免疫力アップを意識した生活習慣にすると良いと思います。
免疫力は年齢と共に減少するもので、若い人にはそれなりの免疫力があります。
しかし重要なのは生活習慣で、高齢であっても生活習慣が良いと免疫力が高く、若くても生活習慣が悪いと免疫力が低くなります。

スポンサーリンク

生活習慣とは食事・睡眠・運動のことで、免疫力に関して一番気を付けたいところは食事です。
人の体は摂取した栄養により作られるものなので、摂取した栄養素がバランスよく良いものであると健康体になります。
健康に良い食材を取り入れれば健康になれるというわけではなく、普段の食事を気を付けている中で優れた食材を取り入れる必要があります。
何か一つだけ良いものにしたところで効果の期待はできないので、生活全体を見直すことが大切です。
気管支炎の原因は主に細菌やウイルスですが、ホコリも原因の一つです。
定期的な掃除や換気を行うことも大切です。
また、気管支炎とまでいかなくても咳・鼻水・頭痛といったアレルギー症状の原因が掃除や換気により改善されることがあります。
掃除をする時はマスクなどで口と鼻を守ると、掃除中にアレルギー反応を起こす危険性が下がります。
メガネなどで目を守ると、より安全性が高まります。
細菌やホコリは世の中にあふれているものなので、自ら対策をする必要があるのです。

スポンサーリンク