MENU

気管支炎とむせるという症状

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
これは炎症の中心となっているのが、気管支粘膜にある病気の総称となっています。
気管支炎には急性と慢性がありますが、どちらの症状でも咳や痰が見られるようになっています。
主に風邪をこじらせた後に発症することが多くなっていますが、むせるなどの症状が現れることもあります。
急性の場合はウイルスが原因となっており、発熱が見られることもあります。
慢性の場合は喫煙が原因となっていることがあります。
この他にはアレルギーや大気汚染などが関係していることもあります。
気管支炎にはこのようにさまざまな原因が考えられています。
日常生活の中で気をつけなければいけないことはいくつかありますが、その中で食事に注意をしなければいけないことがあります。
気管支炎を発症しているときには、繰り返し咳が出るようになっています。
この時にはたくさんのエネルギーを消耗するようになっています。
したがって食事で気をつけなければいけないことは、良質のタンパク質を摂取することです。

スポンサーリンク

またお腹にガスがたまってしまうと、横隔膜を刺激するので咳が出やすくなっています。
むせるような咳が続くときには、お腹の中で発酵しやすい麦やネギやゴボウというような繊維をたくさん含んでいる野菜や、芋類や寒天などの海藻はできるだけ避けるようにします。
痰がたくさん出ることがありますが、この時に水分がたくさん奪われています。
したがって水分補給をしっかりと行うようにします。
この時にとくに積極的に摂取したいのが、カテキン類がたくさん含まれている緑茶になります。
これは活性酸素を生成してウイルスを破壊する働きがあるので効果的です。
子供の場合には、離乳食などを一度にたくさん与えてしまうと、咳をしたときにむせることがあります。
また吐きやすくなっているので少しずつ与えるようにします。
とくに2歳未満の乳幼児の場合水分補給が重要です。
体の水分必要量が多いので、すぐに脱水症状を引き起こしてしまいます。
したがって周りにいる人が注意をする必要があります。

スポンサーリンク