MENU

気管支炎で胸が痛いや苦しいという症状

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
この病気の名前を聞いたときに咳がたくさんでると考えている人が多くなっています。
しかし症状はこれだけではありません。
風邪と似たような症状が現れるようになっていますが、素人では判断をすることが難しくなっています。
気管支炎とはどのような特徴があるのかというと、上気道という部分が炎症を引き起こし、この状態が長引いた後に気管支まで炎症が広がるというようになっています。
この病気を発症すると、咳や痰などの症状が現れるようになっています。
気管支炎では胸の痛いと感じたり、苦しいと感じることがあります。
このように胸が痛いと感じたり苦しいというような症状が現れたときには、急性や慢性気管支炎のどちらかを発症している可能性があります。
したがって病院を受診する必要があります。
急性の場合には、どのような年代でも発症する可能性があります。
しかしそのなかでもとくに40代以上の人が多くなっています。

スポンサーリンク

急性の場合の症状はどのようになっているのかというと、透明や黄色というような痰の絡んだ咳が出ることがあります。
このほかには3日以上続く発熱や関節痛のような症状が現れます。
下痢や嘔吐のような症状が現れることがあり、個人によってさまざまです。
この病気の原因として考えられているのが細菌やウイルスの感染となります。
風邪やインフルエンザがきっかけとなって発症するということが多くなっています。
これらのウイルスや細菌から風邪を悪化させた結果、気管支の炎症を引き起こしてしまいます。
このほかに原因として考えられるのが、排気ガスや喫煙や乾燥などになります。
胸が痛いというような症状や苦しいというような症状が現れるので、肺ガンではないかと心配になる人がいますが、症状にはっきりとした違いがないということで、病院で詳しい検査を行う必要があります。
ここでは胸部レントゲン検査や痰を採取して検査をするというようなことが行われています。

スポンサーリンク