MENU

気管支炎の幼児の治療や入院について

スポンサーリンク

呼吸器系の病気はいくつかありますが、その中で気管支炎というものがあります。
これはウイルス感染によって発症するようになっています。
風邪をこじらせたことから発症することが多くなっていますが、炎症が喉だけではなく気管支まで進んでいるという特徴があります。
この他にはマイコプラズマというような細菌が原因となっていることもあります。
大人でも発症するとつらいのですが、乳幼児が気管支炎を発症すると、重症化する可能性が高くなっています。
したがって注意が必要となります。
2歳未満の乳幼児は気管支がまだ未熟です。
したがって気管支炎を発症すると重症化することが多くなっています。
風邪をひいたときにも安易に考えず、しっかりと治療をすることが大切になります。
風邪の時の咳は乾いたものとなっていますが、この咳が痰が絡んだような湿った咳に変化します。
数日経ってもこの状態が続くというようであれば、気管支に炎症が発生している可能性があります。

スポンサーリンク

乳幼児のなかには、高熱が出ることもあります。
高熱だけではなく咳や痰がひどくなると、体力が低下してしまいます。
食欲も低下し、最終的に呼吸困難になることもあります。
体力が低下すると全身の状態も悪化してしまいます。
したがって肺炎を引き起こす可能性が高くなります。
気管支の細かい部分まで炎症が発生するようになると、肺炎を引き起こしやすくなってしまいます。
ウイルス性の炎症の場合には、すぐに効果が現れるような薬はありません。
症状を緩和させるという対処療法が行われるようになっています。
気管支を広げるための気管支拡張剤などが使われるようになっています。
乳幼児の場合には、母乳やミルクを飲むことができなくなるので、その際には入院治療が必要となります。
入院治療をさせることで、脱水症状や呼吸困難になったときの対処を早くすることができます。
家庭でのケアが困難と感じた時には、入院治療を進められることが多くなっています。

スポンサーリンク