MENU

気管支炎を早く治す方法

スポンサーリンク

気管支炎にかかると激しい咳が辛いですよね。
特に肺などの器官がまだ未発達なお子さんがよくかかる病気なので、ひどい咳で苦しんでいるお子さんを見るとこちらまで辛くなります。
そもそも、気管支炎とはどういった病気なのでしょう。
そして、気管支炎を早く治す方法は存在するのでしょうか。
気管支炎は簡単に言えば風の延長のようなものです。
かぜはのどや鼻など比較的空気の入り口の方の症状なのに対して、気管支炎はもう少し奥の方の気道という場所が炎症を起こして起こる病気です。
空気の通り道である、気道の炎症になるので、せきがひどくなるというわけなので、気管支炎を早く治す方法というのは、この咳を「できるだけ早く何とかしようというのが、主にとられる方法という事になります。
気管支炎の原因というのはほとんどがウイルスによるものです。
かぜとほぼ同じような、ライノウイルス、アデノウイルス、インフルエンザウイルスなどが主な原因になるウイルスです。

スポンサーリンク

先に書いたように、気管支炎の原因はほとんどがかぜとおなじようにウイルスが原因によるものです。
そのため、気管支炎を早く治す方法というのはかぜと同様で自己治癒力に頼るしかないのです。
病院で処方される薬というのはこの気管支炎の症状を和らげる対処療法的なものになります。
気管支炎で最も辛い症状が激しい咳です。
そのため、気管支炎と診断されたらほとんどの場合、鎮咳剤とよばれるお薬がしょほうされます。
この薬は咳を和らげるための薬です。
咳を和らげることで体力の消耗も防がれ、自己治癒力を高めることにもなります。
しかし、咳はウィルスを外に出すために必要で、完全に止めることはありません。
また、自己治癒力で治すしかないので、自宅での過ごし方もとても重要になります。
気管支炎のみならず風邪をひいた時の基本ですが、水分は必ずこまめにとるようにしましょう。
また、感想も気管支炎や風邪には大敵です。
これを防ぐには洗濯物の部屋干しが意外と有効です。

スポンサーリンク