MENU

辛い気管支炎の症状が楽になる方法

スポンサーリンク

呼吸器疾患の一つである気管支炎は乾いた咳から始まり一度発症すると完治までにかなり時間がかかる病気といわれています。
気管支とは上気道から肺の間の太い気道から空気の通り道に異物や微生物などを含んだ空気が呼吸をする時に一緒に送られウイルス感染により機能の低下が起こり気管支炎を発症します。
また、慢性と急性に分けられており、3か月以上咳が続く場合は慢性、インフルエンザや風邪、マイコプラズマ肺炎の合併症で発症することが多いのが急性と呼ばれています。
激しい咳が出ることが特徴のため、お年寄りや子供などが発症すると体力の消耗が心配されます。
自然治癒することもありますが、長く続くと肺炎や喘息になることもあるので病院で早めに相談し、治療を行ったほうがよいでしょう。
薬を使っての対処法はもちろんですが、自宅でもできる気管支炎の辛い咳の症状が楽になる方法もあるので実行し、気管支炎の症状を早く解消できるようにしましょう。

スポンサーリンク

病院ではネプライザーと呼ばれる吸入療法や体位ドレナージによる気道の浄化が行われます。
そのほか抗生物質などの薬を飲むことで咳が少しずつ緩和されていきます。
病因での治療、薬を飲む、ということに加え、自宅で行うと症状が楽になる方法は乾燥対策と加湿です。
乾燥した部屋ではどうしても喉にウイルスがつきやすくなり、咳の症状を悪化させます。
特に症状がひどい時は加湿器を付けたり部屋が乾燥しないように気を付けましょう。
また、ウイルスを体内に入れないために手洗い、うがいなども大切です。
小さなこどもは咳が出ると中々寝付けずに大変ですね。
横を向いて寝たほうが気道の通りをよくしてくれるので寝つきもよくなりよく寝れるようになるので寝苦しいときにはお勧めです。
寝室などは乾燥しやすいので加湿を使うことで呼吸が楽になります。
是非取り入れてみましょう。
発症するととても辛い気管支炎ですが、病院での治療と楽になる方法を行うとかなり症状も緩和され治りも早くなります。
一日でも早く辛い症状を解消したいですね。

スポンサーリンク