MENU

気管支炎の発熱や治療期間について

スポンサーリンク

あまりにも咳や痰が続くときには、風邪ではなく他の病気の疑いがあるのではないかと心配になります。
したがってここでは自己判断をせずに病院を受診することが大切になります。
発熱や咳というような症状が現れたときには、風邪だと判断する人が多くなっています。
この時に発熱の症状が見られることが多くなっていますが、熱が下がっても咳や痰だけが残るというような場合には、気管支炎の可能性が高くなります。
気管支炎はどのような病気となっているのかというと、肺の近くで分岐している気管支に炎症が発生している状態となっています。
したがって呼吸器系に問題が発生しているということで、風邪と似たような症状が現れるようになっています。
この他に痰や発熱や鼻水、頭痛や倦怠感というような症状が現れることがあります。
風邪では鼻に炎症が発生していますが、専門的な知識がなければ、これだけで気管支炎であるかどうかを判断することは難しいとされています。

スポンサーリンク

気管支炎は発症期間が90日未満の場合は急性と判断されるようになっています。
しかし90日を超えた場合には慢性というように分類されています。
原因はウイルスとなっていますが、マイコプラズマが関係していることもあります。
細菌が原因となることはほとんどありませんが、肺炎クラミジアなども原因の一つとして考えられています。
ウイルスには効果があるという薬がありませんが、症状が出てから一定の期間以内に抗ウイルス薬を服用することで治療の効果が期待できます。
またウイルスが関係しているものは大人だけではなく子供にも多く見られるようになっています。
子供の場合は70パーセントから80パーセントがウイルスが関係しています。
気になる治療期間ですが、個人差があります。
しかし一般的には数日から数週間となっています。
慢性の場合には数週間から数ヶ月というような治療期間が必要となります。
完治するまでには個人差があるということをしっかりと頭に入れておきます。

スポンサーリンク