MENU

マイコプラズマ気管支炎になった場合の仕事について等

スポンサーリンク

マイコプラズマとは微生物の一種で人間の体内に入り込む事も多く、様々な症状を発生させます。
一般的には子供の体内に入り込む事が多いのですが、大人でも感染する可能性があるので注意が必要です。
 だいぶ前には夏のオリンピックが開催される年に流行していたので、オリンピック病と呼ばれていた事もあります。
しかし現在では必ず4年に1度のペースで流行しているわけではなく、不規則に数年に1度流行する傾向となっています。
 このマイコプラズマが体内に入り込むと、気道の肺に近い部分にあたる気管支で炎症を発生させる事が多いです。
これをマイコプラズマ気管支炎というのですが、初期の段階では風邪に似た症状が現われます。
具体的には発熱や頭痛、筋肉痛や全身の倦怠感、喉の痛み等を訴える患者が多いです。
また、これらの症状と合わせて咳が発生するのも特徴で、最初は乾いた咳ですが進行するに従って痰が絡んだ咳に変化します。
こうした症状が現われてくると状態がだいぶ悪化してきているので、速やかに病院を受診する必要があります。

スポンサーリンク

 病院を受診した場合に行なわれる治療内容としては、現われている症状を緩和させる対症療法を行なう事が多いです。
具体的には発熱がひどい場合には解熱剤、咳がひどい場合には咳を止める薬の処方等が行なわれます。
 マイコプラズマ気管支炎は本人の免疫力等の働きによって自然に治るので、根本的な治療は行なわない事が多いのです。
病院での対症療法を行ないつつ安静に過ごしていれば、1〜2週間程度で回復してきます。
 前述したようにこの気管支炎は微生物が体内に入って繁殖するのが原因なので、他人にうつるか心配になります。
確かにマイコプラズマは飛沫感染という形で人にうつる可能性があるので、近くにいる人は注意が必要です。
 もちろん大人の場合には仕事場で一気にうつしてしまう可能性があるので、治るまでは仕事を休む事になります。
どのくらいの期間に渡って仕事を休む必要があるかについては、一般的には1〜2週間程度とされています。
この期間は無理をせずに安静に過ごす事に専念して、悪化させる前に完治させる事が大切です。

スポンサーリンク