MENU

気管支炎と肺炎の症状の違いとは

スポンサーリンク

気管支炎も肺炎も咳が出て苦しく、場合によっては熱が出ることもあるという共通した症状があります。
しかし、気管支炎と肺炎は違う病気だとされていますがその違いはどこにあるのでしょうか。
気管支炎はウイルスや細菌が気管支に入って炎症を起こしてしまったものです。
もともとは風邪などで鼻や喉などのウイルスや細菌が感染する原因となった場所の炎症だけだったものが、その奥にある気管支へと広がってしまっている状態です。
肺炎の場合には気管支で起きていた炎症が気管支のさらに奥にある肺にまで達してしまっているという違いがあります。
原因はどちらもウイルスや細菌の感染が原因だと言われており、インフルエンザや風邪をこじらせて気管支炎になったり、さらに悪化して肺炎になってしまうことがあります。
大元も原因は同じであっても、炎症している場所の違いが病名の違いになっているのです。
炎症を起こしている場所が違うと、当然その症状も違ってきます。

スポンサーリンク

気管支炎は炎症している場所が気管支のため、原因となっているウイルスや細菌を体外へ排出するために痰が多くなるのが症状の特徴です。
これは身体の免疫反応で、透明や黄色い痰がでます。
肺炎の場合には症状が肺に広がってしまっているため、息苦しくなることが多くあります。
痰の量も増え、濃い黄色や緑色に変化します。
あまりに症状が酷いと呼吸困難になってしまうこともあるため、注意が必要です。
どちらも検査の際にレントゲンを撮影しますが、気管支炎の場合には肺が綺麗なので内服薬だけを処方してもらい様子を見るという治療が行われることが多いのに対し、肺炎の場合は肺にまで炎症が広がっているためレントゲンで見ると肺が白くなっているという違いがあります。
この場合には抗生物質の内服や点滴を行う治療が行われます。
たかが風邪だと甘く見ていると、このようにだんだんと悪化してしまうことがあります。
症状が軽いうちに病院で治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク