MENU

声が出ない、かすれる等の症状と気管支炎について等

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支という部分に炎症が起きる疾患の事で、年代や性別等を問わずに誰でも発症する可能性があります。
そもそも気管支とは空気の通り道である気道の一部で、口よりも肺に近い部分になります。
気管支は空気の通り道である以外にも、空気と一緒に入り込もうとする異物の除去も役割としています。
気管支の粘膜の内側表面は線毛と呼ばれる細かな毛で覆われていて、この部分で異物を絡め取ります。
こうした重要な役割も行なっている気管支は大切な部分なので、炎症が起きたらすぐにケアをする必要があります。
 気管支炎が発生する原因の中でも特に有名なのが、細菌やウイルス等での感染症が挙げられます。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、インフルエンザウイルスや肺炎球菌等が原因となりやすいです。
 それ以外にもマイコプラズマに代表される微生物や、カンジダ等の真菌が原因となるケースも少なくないです。
また喫煙や大気汚染がひどい環境で生活していても発症する恐れがあるので、こういった事に心当たりがある場合は注意したほうが賢明です。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪に似たところがあり、勘違いをして市販の風邪薬を服用してしまう人もいます。
具体的に現われる症状の例としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や筋肉痛、喉の痛み等が挙げられます。
また、これらの症状と合わせて咳が出る事が多いのも特徴となっていて、激しくてしつこく続く事が多いとされています。
 ちなみに患者の中には声が出ない、声がかすれるといった症状を訴えてくる人もいます。
これは気管支炎による咳の症状が激しかったり、いつまでも長く咳が出続けたりするのが原因と考えられます。
 咳が長く続いてしまうとどうしても喉に強い負担がかかってしまい、声帯に影響が出てしまう事があるのです。
声帯は声を出す上で欠かす事の出来ない部分になるので、ここに影響が出る事で声が出ない、声がかすれるといった症状が現われます。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、消炎薬や咳止め作用のある薬等が処方されます。
ちなみに声が出ない、声がかすれるといった症状が現われている場合には、出来るだけ声を出さないようにするのが効果的です。

スポンサーリンク