MENU

気管支炎で熱が上がったり下がったりするのは

スポンサーリンク

気管支炎という病気があります。
これは年齢に関係なく発症するようになっています。
気管支という部分が、細菌やウイルスによって炎症を引き起こすことで、咳き込んだり痰が出るというような症状が現れるようになっています。
気管支炎とは、気管支を中心とした部分が炎症していることになります。
慢性と急性に分けることができますが、基本的には急性のものが多くなっています。
急性はウイルスなどによる細菌感染がほとんどとなっています。
子供が発症しやすいという傾向がありますが、大人の場合でも抵抗力が下がってしまうと、気管支炎を発症することがあるので注意が必要となります。
気管支という部分に直接感染をする場合もありますが、最初は風邪をひいて喉が痛いというような症状から始まることがあります。
しかし仕事を休むことができずに無理をし、その結果熱が上がったり下がったりというような症状が続きます。
熱が上がったり下がったりしているときには、表面の炎症程度となっています。

スポンサーリンク

しかし無理をして奥の気管支炎を発症させ、咳や痰が出るようになってしまうと非常に苦しいです。
激しく咳き込むこともあるので、体力が奪われてしまいます。
人間は、咳をするときに体の中の悪いものを外に出そうとしています。
これは人間の防御反応となっています。
気管に炎症や異物がある場合には、このような反応を示すようになっています。
空気を強くはき出すということが、気道から異物を取り除く方法となっているのです。
とくに小さな子供や高齢者の場合には注意が必要となります。
咳を出すことができなければ、痰や菌が肺の中にたまってしまうので、肺炎を引き起こしてしまう可能性もあります。
熱が上がったり下がったりというような状態が続くようであれば、しっかりと病院を受診するようにします。
最近では、咳を出しやすくするための薬が処方されることもあります。
2週間以上咳が続いたり、胸の痛みを伴ったり呼吸がしづらいというときや息切れがしたりするというような場合には、注意をします。

スポンサーリンク