MENU

だるい等の症状が現われる気管支炎について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きるという疾患で、年代や性別を問わずに誰も発症する可能性があります。
気管支とは空気の通り道である気道の一つの部分で、口よりも肺に近い部分の事を指します。
気管支には線毛と呼ばれる細かい毛のようなもの無数にあり、これが表面を覆う粘膜によって形成されています。
この粘膜部分に何等かの理由によって炎症が発生してしまうのが気管支炎で、様々な症状が現われます。
 気管支炎が発生する原因は様々ですが、特に代表的なものとしてはウイルスの感染・繁殖が挙げられます。
成人が発症した場合の原因ウイルスとしては、アデノウイルスやインフルエンザウイルス等が代表的となっています。
 またウイルス以外にもマイコプラズマやクラミジア、細菌等が原因となって発症するケースもあります。
元々呼吸器系に持病を抱えている人がウイルス等に感染すると、この疾患を発症しやすいと言われています。
呼吸器系の持病がなくウイルス等への感染もなかったにも関わらず発症した場合には、喫煙や大気汚染が原因となっている可能性が考えられます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては、痰が絡んだ咳や発熱、体がだるい等が挙げられます。
体がだるいという症状は一見すると気管支炎とは関係ないように感じられますが、珍しい事ではないです。
気管支で炎症が起きる事によって免疫力が対抗するべく体温を上げるので、ちょうど風邪等で体がだるいのと同じような状態になります。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を用いるのが一般的で、起きている症状や原因等によって使う薬が変わります。
原因がウイルスの場合にはインフルエンザなら特効薬がありますが、それ以外のウイルスの場合には特効薬はないです。
しかし原因となっているのが細菌の場合には、抗菌薬が高い効果を発揮してくれる可能性が高くなります。
それ以外にも症状等に合わせて咳を押さえる薬や痰を出す薬、炎症を鎮める薬等が処方される場合もあります。
 こうした治療を数週間続けても期待する効果が出ず、咳や痰が治まらない場合には状況が悪化している疑いが出てきます。
こういった場合には気管支結核等を患っている場合があるので、速やかに病院を受診するのが望ましいです。

スポンサーリンク