MENU

気管支炎とレントゲンの所見

スポンサーリンク

気管支炎の症状は、風邪と似ていることがあります。
したがって異常があっても安易に考えてしまうことがあります。
気管支炎は症状が悪化してしまうと入院をしなければいけないこともあるので、注意が必要となります。
主な症状は咳や痰となっています。
風邪の場合には鼻や喉、この他に生体を中心に炎症が発生するようになっています。
しかし気管支炎の場合は異なっています。
奥の気管支という部分に炎症が発生していることがあるのです。
肺炎という病気がありますが、これに似たような長く続く咳や痰の症状があっても、レントゲンの所見で肺炎ほどひどい状態ではないと判断された場合には、気管支炎と診断されるようになっています。
このように診断ではレントゲンの所見が一つのポイントとなります。
具体的にはどのような治療が行われているのかというと、抗菌薬が使われるようになっています。
しかし症状がひどくない場合には、安静にして自然治癒することもあります。

スポンサーリンク

病院を受診するときには、咳や痰の状況について問診が行われるようになっています。
最初は風邪と診断されても、5日以上熱が下がらずに咳がひどくなったり、喘鳴のような症状が見られる場合には、気管支に炎症が発生している可能性が高くなります。
このような問診が行われた後には、レントゲン写真が撮影されるようになっています。
レントゲン撮影の際に、肺炎でなければ所見で肺に影が見られることがありません。
肺炎になると肺の一部が白く曇って見えるようになっています。
胸膜炎を引き起こしたときには、肺の周りに浸出液や膿のたまりが見られるようになっています。
レントゲンの他に血液検査が行われることがありますが、血液検査では、基本的にウイルス性肺炎の時には、白血球数などの炎症反応は高い値となっていませんが、細菌感染の場合には高い値を示すようになっています。
治療は基本的に吸入を行うようになっています。
これで気管支の炎症を抑えることができます。

スポンサーリンク