MENU

気管支炎とレントゲン写真の影の関係について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が発生するという疾患で、年代や性別を問わずに誰でも発症する可能性があります。
そもそも気管支とは空気の通り道である気道の一部で、口よりも比較的肺に近い部分になります。
気管支の内部表面は線毛と呼ばれる無数の細かい毛で覆われていて、この線毛で異物を絡め取ります。
絡め取った異物は痰と一緒に体外に排出し、感染症等の発症を未然に防ぐという役割を担っています。
 気管支炎が発生する原因については様々ですが、中でも特に多いとされているのが感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスの代表的なものとしては、インフルエンザウイルスや肺炎球菌等が挙げられます。
 それ以外にもカンジダのような真菌、マイコプラズマ等の微生物が体内に侵入するのが原因となる場合も少なくないです。
また細菌等の感染や真菌等の侵入以外にも、喫煙やひどい大気汚染等が原因となる事もあるので注意が必要だと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる初期症状は風邪と似ていて、最初は風邪を引いたと勘違いしてしまう人もいます。
具体的には発熱や頭痛、筋肉痛や全身の倦怠感、喉の痛みや違和感等が挙げられます。
ただし気管支炎の症状の特徴の一つとして、これらの症状と合わせて咳が出るというものが挙げられます。
激しくていつまでも長くしつこく続く咳がある場合には、速やかに病院を受診して検査を受ける事が大切です。
 ちなみに、この疾患が悪化してしまうと肺炎に発展する事があるのですが、肺炎になっているか否かは検査で確認する事が出来ます。
確認するための検査方法は決して珍しいものではなく、レントゲン写真を撮影するというものになります。
もしもレントゲン写真に写る肺に影が確認出来る場合には、肺炎を起こしている可能性が高くなります。
 肺炎は気管支炎と炎症が起きる位置が異なるので、気管支炎ならレントゲン写真の肺に影が写る可能性は低いのです。
そのためレントゲン写真の肺に影がある場合には、速やかに肺炎の治療を開始する事が大切になります。

スポンサーリンク