MENU

気管支炎で学校を休む期間について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が発生するという疾患で、子供が発症するケースも少なくないです。
そもそも気管支とは空気が通る気道の一部で、どちらかというと肺に近い部分だと言う事が出来ます。
気管支は内部表面が線毛と呼ばれる無数の細かい毛に覆われていて、侵入した異物を絡め取ります。
この働きにより感染症の発症等を見全に防ぐのですが、炎症が起きるとこの働きも滞る可能性があります。
 気管支炎を発症する原因に関しては複数ありますが、中でも特に多いのが感染症による発症になります。
原因となる細菌やウイルスは様々ですが、特に有名なのがインフルエンザウイルスや肺炎球菌等です。
 またマイコプラズマのような微生物やカンジダのような真菌が体内に侵入して、それが原因となって発症してしまう場合もあります。
それ以外にも喫煙やひどい大気汚染等が原因となる事もあるので、常に発症の可能性について注意しておく必要があると言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪と似た部分があるので、最初は風邪を引いたと思ってしまう事も少なくないです。
具体的に現われる症状としては、発熱や頭痛、喉の痛みや違和感、筋肉痛や全身の倦怠感等が挙げられます。
また気管支炎の一つの特徴として、これらの症状と合わせて激しくてしつこく続く咳の症状が出ます。
痰が絡んだり夜に激しく出る事もあるので、寝不足になったりして体力を消耗してしまう事も少なくないです。
 気管支炎を発症した場合の病院での治療方法としては薬物療法を行なう事が多く、消炎薬等が処方されます。
細菌が原因となっている場合には抗菌薬を処方して、疾患を根本的に治療するという場合もあります。
 ちなみに子供が発症した場合に気になるのが学校を休む期間についてですが、これは原因等によって異なります。
例えば感染症やマイコプラズマが原因の場合にはうつしてしまう可能性があるので、学校を休む期間も長くなってしまいます。
ただ一般的には学校を休む具体的な期間については、担当医による判断に従うのが基本となります。

スポンサーリンク