MENU

インフルエンザの気管支炎は抗菌薬で治療する

スポンサーリンク

インフルエンザから気管支炎が起こることがあり、一般に強い症状が出ます。
その症状とは咳や息苦しさ、熱といったもので熱は38℃を超えることが多いです。
このようなインフルエンザからくる気管支炎に一番有効な治療薬は抗生物質です。
抗生物質にはいろいろな種類があるので、症状や本人の体質などによって使う治療薬が決められます。
インフルエンザによる気管支炎になると細菌が気管の中で増加して、黄色い痰がでることがあります。
そんな場合に抗生剤を治療薬として使うと、次第に痰の色が薄くなって、気管支炎の症状が軽くなります。
抗生剤は役に立ちますが、飲みすぎると腸内の環境が悪くなることがあります。
悪い菌だけではなくて、腸内の善玉菌も抗生剤で少なくなってしまうのです。
インフルエンザの気管支炎の症状がおさまってきたら、早めに薬をやめることを心がけましょう。
特に症状がひどくない場合はできるだけ少ない数の抗生剤を使うのが、腸内の環境を悪化させないコツになります。

スポンサーリンク

気管支炎の治療には抗生剤以外の薬も出される場合があります。
その中で特に役立つのは去痰剤です。
この病気になると痰が多く分泌されるので、それがのどに詰まって息苦しさを感じます。
息苦しさだけだったらなんとか我慢できる場合もあるのですが、呼吸困難になることもあります。
呼吸困難の状態が続くと、普通の生活するのは難しくなって、病院に入院しなければなりません。
入院して酸素吸入の治療を受けます。
そのような状態にならない前に早めに去痰剤を使うことが必要です。
去痰剤は重い副作用はほとんどありません。
またインフルエンザが治ったら、飲むのをやめられるので体に対する負担が大きくなることもありません。
去痰剤の他には胃腸薬が出されることがあります。
インフルエンザで医療の状態が悪くなることもあるからです。
漢方が有効なこともあり、お年寄りや子供の治療に使われます。
漢方は強い副作用が出ることはないので、安心して使えます。
それでも良い効果を得られることがあります。

スポンサーリンク