MENU

気管支炎になったときに摂取した方が良い栄養素

スポンサーリンク

ここ数年、発症数が増加傾向にある疾患として知られているのが、気管支炎という呼吸器疾患です。
気管支は気管と肺を繋ぐ部位のことです。
ここに炎症が起こり、咳や痰などの症状が現れるものを気管支炎と言います。
多くは細菌感染やウイルス感染によって引き起こされます。
細菌感染やウイルス感染では、すぐに気管支に炎症が起こるわけではありません。
症状が強く現れたり、症状が長引いてしまうことによって気管支の方にも炎症が及び、発症します。
このような原因で発症するタイプは急性気管支炎と呼ばれ、3ヶ月以内に症状が治まるのが特徴です。
多くの人は発症自体に気づかないまま治癒すると言われています。
そして、3ヶ月以上症状が続くような場合には慢性気管支炎となります。
これは細菌感染やウイルス感染によって発症するよりも、ストレスや喫煙などが原因となって発症することが多く見られます。
もちろん、細菌感染やウイルス感染が原因で起こることもありますし、生まれつきの体質のせいで発症しやすい人もいます。

スポンサーリンク

気管支炎は気管支に炎症が起きている状態なので、症状が強く現れている場合には病院で治療を受けるのが良いとされています。
市販の薬を飲むとかえって症状が悪化する可能性もあるため、自己判断で薬を服用するのにはリスクが伴います。
ただ、病院での治療に加えて、自分自身で行えるセルフケア方法があります。
それは、食事の工夫です。
気管支の炎症を抑えるために有効な栄養素を含んだ食品として最も有効なのは里芋です。
里芋には炎症を抑える働きがあり、特に慢性的な炎症が起きている場合に非常に有効とされています。
また、里芋に含まれているムチンという栄養素には呼吸器を丈夫にする作用があります。
長芋や山芋にも同じ栄養素が含まれています。
咳や呼吸困難を防ぐ働きのある栄養素が含まれているのはパイナップルです。
パイナップルに含まれるビタミンCには気管支の筋肉の緊張を抑える働きがあります。
細菌感染やウイルス感染によって気管支炎が起きている場合には、抗ウイルス作用と抗菌作用のある緑茶が良いとされています。

スポンサーリンク