MENU

子供の気管支炎の期間について

スポンサーリンク

子供は非常に体が弱くなっているので、すぐに風邪をひいてしまうことがあります。
この時には鼻水や咳というような症状が出るようになっていますが、これをただの風邪と考えていると、重い症状が現れることがあります。
その代表的なものが気管支炎となります。
気管支炎になってしまうと、呼吸をしにくくなったり日常生活に支障が出ることがあるので、この病気に対してしっかりと理解をしておく必要があります。
原因や治療法に関しても理解が必要となります。
気管支炎という病気は、喉から肺につながる気管支という部分に炎症が発生している状態となります。
空気の通り道となっている部分が炎症を引き起こしているので、咳や痰が出ることが多くなります。
苦しそうに呼吸をする姿が印象的です。
子供の場合には急性気管支炎になることが多くなっています。
原因は風邪を引き起こすウイルスが関係しています。
風邪をこじらせてしまうと、喉の炎症が気管支まで炎症が広がるというのがほとんどとなっています。

スポンサーリンク

子供の場合には、二次感染を防ぐことも重要になります。
子供の場合の症状は、乾いた咳から始まってだんだんと痰の絡んだような咳をするようになります。
発熱が見られるというのが大きな特徴となっていますが、熱がなくて咳と痰だけが出ることもあります。
子供は大人と比べて気管支が細くなっているので、喘鳴が現れるようになっています。
また夜なかなか眠ることができなかったり、食欲がなくなるというような症状を伴うこともあります。
症状には個人差がありますが、軽い場合には様子を見る程度にします。
しかし悪化すると細気管支にまで炎症が広がってしまいます。
したがって早めに病院を受診するようにします。
病院を受診すると治療が行われるようになっていますが、治療期間は約1ヶ月となっています。
自宅で治療をする場合には少し期間が長くなる傾向があります。
病院では吸入器を使って治療が行われます。
発症期間が90日未満の場合は急性気管支炎となっています。

スポンサーリンク