MENU

気管支炎の自然治癒にかかる期間等について

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支という部分に炎症が起きる疾患の事で、大人でも子供でも関係なく発症する可能性があります。
そもそも気管支とは空気の通り道である気管支の一部で、気道の中でもとても肺に近い所に位置しています。
気管支は空気を通す管としての役割以外にも、空気と一緒に入った異物を除去する働きも持っています。
気管支の粘膜の表面は平らではなく、線毛と呼ばれる無数の細かな毛に覆われているのが特徴です。
この線毛で異物を絡め取り痰と一緒に体外に排出する事で、感染症等を発症するのを未然に防いでくれています。
 気管支炎を発症する原因として一番多いとされているのが、細菌やウイルスによる感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数存在していますが、特にインフルエンザウイルス等が原因となりやすいと言われています。
 それ以外にも微生物や真菌の体内侵入、喫煙や大気汚染等が原因となる場合もあるので、普段の生活から注意しておくのが望ましいです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や喉の痛み等が挙げられます。
これらの症状は風邪の時にも見られるので勘違いしてしまう場合もありますが、気管支炎は咳が発生するのが特徴となっています。
この疾患によって発生する咳は初期はコンコンと乾いた咳ですが、状態が悪化すると痰が絡んだ湿った咳に変化します。
こうした症状が出ても放置を続けると肺炎を併発する可能性性があるので、速やかに病院を受診したほうが良いです。
 病院で行なわれる治療方法としては薬物療法が基本で、消炎薬や痰を溶かす薬等が処方されます。
また発症の原因が細菌感染だと分かっている場合には、抗菌薬を使って根本的に治療する事も多いです。
 ちなみに本当に軽度の気管支炎の場合には、自然治癒力によって治るケースも少なからずあります。
自然治癒の場合に治るまでにかかる期間については様々ですが、一般的には一週間程度の期間がかかる事が多いとされています。
しかし自然治癒をしばらくの期間続けても治らない場合等は、速やかに病院による治療を受ける事が大切です。

スポンサーリンク