MENU

気管支炎による咳の特徴について等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きるという疾患で、原因には様々なものがあります。
気管支とは空気の通り道である気道の一部で、喉から肺にかけての部分の事を言います。
気管支の内部表面には線毛と呼ばれる細かい毛のようなものが無数にあり、これによって体外から侵入した異物を絡め取る役割を担っています。
 気管支炎が発生する原因については複数ありますが、中でも特に多いのが感染症による発症になります。
原因となる細菌やウイルスの代表的なものとしては、インフルエンザウイルスや肺炎球菌等が挙げられます。
 こうした感染症が原因となるケース以外にも、マイコプラズマの様な微生物やカンジダに代表される真菌が原因となる事も少なくないです。
しかも感染症や微生物等の侵入が無くても、喫煙や大気汚染等が原因となって発生する場合もあるので注意が必要です。
気管支炎は悪化すると肺炎に発展してしまう事もあるので、発症の疑いがある場合には早めに病院を受診するのが望ましいと言えます。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状に関しては、風邪と似たような症状が現われる事が多いです。
具体的には発熱や頭痛、筋肉痛や全身の倦怠感、喉の痛みや違和感等を挙げる事が出来ます。
また、こうした症状と合わせて咳が出る場合がほとんどで、これが一つの大きな特徴となっています。
 この疾患の場合に発生する咳の特徴としては咳が激しいという点があり、夜眠る事が難しくなる場合も少なくないです。
また痰が絡んだ咳がいつまでも長くしつこく続くのも特徴となっていて、1ヶ月以上も続く人もいます。
 気管支炎の病院での治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、咳を鎮める薬や解熱剤等が処方される事になります。
それ以外にも原因が細菌感染によるものの場合には、抗菌薬を処方して根本的に治療を行う事もあります。
ただし原因がウイルスによるものの場合には、インフルエンザウイルス以外には特効薬がないです。
そのため薬物療法等を行ないながら、本人の免疫力を利用して回復を目指すという場合もあります。

スポンサーリンク