MENU

赤ちゃんや子供の気管支炎がうつるか否か等について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が発生するという疾患で、年代等を問わずに誰でも発症する可能性があります。
それは赤ちゃんや子供にももちろん言える事なので、幼いお子さんがいる家庭は特に注意しておいたほうが良いです。
 そもそも気管支とは空気の通り道である気道の一部で、気道が到達する場所である肺に近い位置に存在しています。
気管支の粘膜表面は線毛という細かな毛で覆われていて、この線毛で口から侵入した異物を除去する役割も担っています。
そのため気管支に炎症が起きた場合には、出来るだけ速やかに病院を受診して治療を受ける事が大切になります。
 気管支炎が発生する原因として一番多いのが、細菌やウイルスに感染する事で発症してしまうというパターンです。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、インフルエンザウイルス等は原因となりやすいと言われています。
 赤ちゃんや子供はまだ成長途中なので抵抗力も充分とは言えないので、特に用心しておいたほうが賢明です。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や咳等が挙げられます。
中でも咳はこの疾患の特徴的な症状となっていて、最初は乾いた咳で進行するに従って痰が絡んだ咳に変化します。
赤ちゃんや子供は気管支そのものも未熟なので息苦しさを感じる事も多い事から、早めに治療を開始するのが望ましいです。
 病院での治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、痰を溶かす薬や解熱剤等が用いられます。
家では部屋の温度を一定に保つように心掛けて、充分な水分補給をして痰を出しやすい状態にする事も大切です。
 ちなみに気管支炎が感染症を原因としている場合には、人にうつる可能性もあるので注意が必要です。
特に子供や赤ちゃんは幼稚園等の集団生活でうつる事が多いので、治るまでは幼稚園を休む等の対策を講じる事になります。
また症状がまだ出ていない潜伏期間の場合にもうつる可能性があるので、普段から手洗いやうがいを徹底する事も大切です。

スポンサーリンク