MENU

気管支炎で病院は何科を受診すればいいのか

スポンサーリンク

呼吸をしにくくなったり咳や痰が出るというような症状が現れたときには、気管支炎の可能性が考えられます。
したがって病院を受診するようにします。
気管支炎という病気はどのようなものかというと、気管支という部分が炎症を引き起こしています。
ウイルスや細菌に感染するというのが大きな原因となっており、症状としては咳や痰が出るようになっています。
しかしここで注意をしなければいけません。
それは症状を見て自己判断をするというような場合です。
気管支炎は風邪と似たような症状となっているので、市販薬を飲んで治療をしようと考える人も少なくありません。
放っておくと症状が悪化してしまうことがあるので、しっかりと病院で検査を受けることが大切になります。
気になる症状があるというような場合には、原因を追及して治療を行うようにします。
この病気は、気管支の粘膜に炎症の中心があります。
急性と慢性とに分けることができますが、急性の場合には風邪やインフルエンザが関係しています。

スポンサーリンク

これに対して慢性の場合には、数週間から数ヶ月という間、咳や痰などの症状が続くようになっています。
この場合百日咳などの原因疾患が考えられています。
このほかには慢性の咳や痰が症状となっている病気があります。
気管支喘息や肺ガンや間質性肺炎などの病気が考えられるので、しっかりと鑑別をする必要があります。
気管支炎の症状が見られたときには病院を受診しますが、この時に何科に行けばいいのかわからないという人がいます。
何科に行けばいいのかというと、呼吸器疾患を扱っている内科を受診するようにします。
主な症状が咳や痰となっていますが、初期には鼻水や喉の痛みを感じることもあります。
したがって何科を受診すればいいか悩んだときには、一般的な内科では呼吸器系の疾患を扱っているので、診察を受けることができます。
ここでは原因となっている疾患をしっかりと治療する必要があるので、内科に行く方が安心です。
このほかに考えられるのが耳鼻咽頭科となります。

スポンサーリンク