MENU

微熱が続くといった症状が見られる気管支炎について

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支に炎症が起きてしまうという疾患で、年代や性別等を問わずに誰でも発症する可能性があります。
気管支は空気が行き来する気道の一部にあり、空気が最終的に到達する肺に近い位置に存在しています。
 空気が行き来する部分である以外にも、口から侵入してきら異物を除去するという役割も担っている重要な部分です。
気管支の粘膜表面は全体が線毛と呼ばれる細かな毛に覆われていて、この線毛が侵入してきた異物を絡め取ります。
絡め取られた異物はその後痰と一緒に体外へと排出される仕組みで、この働きによってあらゆる感染症の発症等を予防しています。
 気管支炎が発生する原因はいくつかありますが、中でも特に多いとされている原因が感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、特にインフルエンザウイルス等が原因となりやすいと言われています。
 それ以外にも微生物や真菌の侵入、喫煙や大気汚染等が原因となって発症するケースも少なくないです。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪の症状に似たところがあり、初期の段階では勘違いしてしまう人もいます。
具体的に現われる症状としては喉の痛みや頭痛、全身の倦怠感や咳等があり、特に咳はこの疾患の代表的な症状になります。
 また発熱を訴える人も少なくなく、中には何日も微熱が続く事で体力が消耗してしまう場合もあります。
こうした微熱が続くという場合には肺炎等に発展している可能性があるので、速やかに病院で検査してもらう事が大切です。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、消炎薬や痰を溶かす薬等が処方されます。
また発症の原因が細菌による感染症だと分かっている場合には、抗菌薬を用いて根本的な治療を行う事が多いです。
 ちなみに発熱に関してはすぐに解熱剤を処方する事はせず、しばらく様子を見るという判断をする場合があります。
発熱は体の免疫機能が正常に機能している証拠なので、薬で無理やり下げるのは良くないと考えられているからです。
しかし何日も微熱が続く等といった熱による辛い状態が続いている場合には、解熱剤を処方して症状を緩和させる事もあります。

スポンサーリンク