MENU

子供や幼児の気管支炎と薬について

スポンサーリンク

子供や幼児はよく風邪をひくようになっています。
しかしただの風邪と安易に考えないようにします。
風邪の症状が悪化すると、気管支炎という病気を発症することがあるからです。
子供や幼児が気管支炎を発症すると、呼吸をしにくくなったり、ゆっくりと眠ることができないというような日常生活に支障を来すことがあります。
したがってこのような症状にしっかりと対処をすることができるように、原因や治療法などを理解しておくことが必要になります。
気管支炎とはどのような病気となっているのかというと、喉から肺につながる気管支に炎症が発生している状態となります。
ここは空気の通り道となっていますが、炎症が発生しているということで、咳や痰が出るようになっています。
苦しそうに呼吸をするというのが大きな特徴となっています。
急に症状が発生する急性と数ヶ月以上症状が続く慢性とに分けることができます。
しかし幼児や子供の場合にはほとんどが急性といわれるものとなっています。

スポンサーリンク

幼児や子供が発症する原因としては、多くがインフルエンザなどのウイルスとなっています。
この時には抵抗力が弱くなっているので、他の細菌性の気管支炎を発症することがあり注意が必要となります。
体に現れる症状としては、風邪の症状以外に激しい咳や痰があります。
発熱が見られることが多くなっていますが、熱がなく咳と痰だけというようなこともあります。
大人と比べると気管支が細くなっているので、少しの炎症でも呼吸が苦しくなる傾向があります。
症状には個人差がありますが、軽い場合には様子を見ます。
病院では特効薬がないということで、対処療法が行われるようになっています。
咳を止める薬や痰を取り除く薬、気管支を広げて呼吸がしやすくなる薬が処方されるようになっています。
現在出ている症状に合わせた物が処方されるようになっています。
細菌による二次感染の可能性がある場合には抗生物質が処方されています。
治療を続けると1週間から10日程度で症状が改善します。

スポンサーリンク