MENU

苦しい気管支炎の咳止めの薬が効かないときは

スポンサーリンク

気管支炎による咳が止まらない症状はとても苦しいですね。
気管は上気道から肺の間の太い気道から分かれた空気の通り道でありそこに微生物を含んだ空気が呼吸時に送られることでウイルス感染により機能が低下、激しい咳などの症状を引き起こした症状を気管支炎と呼びます。
慢性と急性と二種類があるとされていますが風邪やインフルエンザの合併症である事が多く、短期間の場合は急性であると考えられます。
咳止めなどの市販薬を飲んでも効果が出ない場合は病院での検査、薬の処方をしたほうがよいでしょう。
病院内ではネプライザーによる吸入療法や体位ドレナージにより気道の洗浄が行われ症状も軽くなります。
咳止めを処方されることが多いですが自分の体質に効かない場合もあり、中々治りずらい気管支炎の症状も咳止めが効かないとさらに長引くことになり大人はもちろん子供の場合は体力の消耗が心配です。
大変苦しい症状ですが自宅でも咳を楽にできる方法があるので咳に悩まされているときはぜひ実践してみましょう。

スポンサーリンク

気管支炎は気道の粘膜が様々な刺激により炎症をおこし狭くなり呼吸が困難になります。
自宅で薬を飲んでも症状が回復しない場合はビニールの袋やジッパー付きの袋にお湯で温めて絞ったタオルを入れ気道部分に当てると気道が広がり呼吸が楽になります。
小さな子供にも効果的なので咳が止まらずに苦しいときには是非試してみましょう。
また、喉の乾燥も咳を悪化させます。
喉にやさしい飲みものを飲む、食べるなどで喉を潤った状態にしておきましょう。
就寝時に上を向いて寝ると咳が悪化することがあるので横を向いて寝るほうが呼吸もしやすく咳も出にくくなるのでお勧めです。
急性であることが多い気管支炎ですが長引くと悪化し慢性になったり肺炎などになる可能性もあるので病院で処方された咳止めや薬が何日飲んでも効かない場合にはもう一度病院で検査をし、違う咳止めや薬を処方してもらいましょう。
咳が続いて苦しいときには栄養のあるものを食べ睡眠をしっかりとるなど生活週間にも気を付けることが大切です。

スポンサーリンク