MENU

赤ちゃんの気管支炎の治し方について

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きてしまうという疾患で、年代を問わずに発症する可能性があります。
もちろん赤ちゃんが発症する可能性も充分にあるので、普段から注意しておく事が大切です。
 気管支とは空気の通り道である気道の一部で、気道の到達地点である肺に近い部分になります。
気管支は空気の通り道である以外にも口から入った異物を除去する役目も担っています。
そのため気管支に炎症が起きると異物の除去にも支障をきたす可能性があるので、早めに治療を開始する事が大切です。
 気管支炎が発生する原因はいくつか考えられますが、一番多いのが細菌やウイルス等に感染して発症してしまうパターンです。
そのためインフルエンザや風邪を引いた時に発症しやすく、免疫力が不充分な赤ちゃん等は注意が必要になります。
 それ以外にも大気汚染がひどい環境で過ごしたり、ハウスダスト等へのアレルギー反応でも発症する可能性があります。
またマイコプラズマ等の微生物やカンジダのような真菌も原因となるので、普段から気を付けておいたほうが賢明です。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や喉の痛み等が挙げられます。
また特徴的な症状の一つとして咳があり、初期は乾いた咳が続き進行すると痰が絡んだ咳になる場合が多いです。
 赤ちゃんが発症した場合には38度以上の高熱が出る事も珍しくなく、気管支も未熟なので呼吸が苦しくなる事も多いと言われています。
高熱が数日続くケースも少なくなく体力の消耗が激しくなるので、早めに病院を受診するのが望ましいです。
 病院で行なわれる治し方としては薬物療法を行なう事が多く、解熱剤や痰を溶かす薬等が用いられます。
また原因が細菌に感染によるものの場合には、抗菌薬を処方する事で根本的治療をするという場合もあります。
 こうした病院での治し方と合わせて、自宅でも赤ちゃんが快適に過ごせる環境を整える事が重要になります。
具体的には部屋の温度を一定にする、水分補給を充分に行う等が具体的な治し方の有効策として挙げられます。
ちなみに水分補給は湯冷ましや赤ちゃん用のイオン飲料、冷ましたお茶等が最適とされています。

スポンサーリンク