MENU

気管支炎で見られる症状と期間について

スポンサーリンク

気管支炎とは呼吸器疾患の一種で、気管支に炎症が起きた状態のことを指します。
主な症状は咳や痰ですが、風邪などよりもそれらが長く続くのが特徴になります。
気管支炎は症状が現れる期間によって2つに分類されます。
3ヶ月以内に治癒した場合には急性、3ヶ月以上続いている場合には慢性とされます。
気管支炎の多くは急性に分類されます。
ウイルス感染や細菌感染が主な原因とされているため、風邪のような症状から始まります。
熱が下がっても咳などが治まらず長引いているような場合には、気管支炎を発症している可能性があります。
しかし、発症したことに気づかずに放置してしまう人も少なくありません。
ですが、重症化することは稀なので、放置していても自然と治癒します。
急性の場合、症状が現れる期間には個人差があります。
患者の体質や、その時の体調などによって、数日程度で治まることもあります。
もちろん、全てが軽く済むというわけではないので、ウイルス感染や細菌感染によって体調を崩した場合には、無理をせず安静にしておくことが大切です。

スポンサーリンク

慢性の気管支炎は症状が現れている期間が3ヶ月以上ということ以外にも、それが2年以上繰り返して起こることが特徴となります。
最も多い発症原因はストレスや喫煙です。
特に最近ではストレスで発症する人が非常に多くなっていると言われています。
また、ストレスに加えて疲労や生まれつきの体質などによっても発症しやすくなる可能性が高くなります。
生まれつきの体質は、元々気管支が丈夫ではないことや、アレルギー体質であることなどがあげられます。
強いストレスを感じたり、日常的にストレスを感じている状態が続いている場合などは、身体の免疫力が低下したりアレルギー反応が起こりやすくなったりしました。
なので、ストレスを感じることで直接的に気管支炎を発症するというわけではなく、免疫力の低下やアレルギー反応が置きやすくなることで、気管支に炎症が起こりやすくなってしまうということになります。
ストレスや喫煙以外にも、空気が汚れた環境にいることでも発症する可能性が高くなります。
あまりにも大気汚染がひどいような場合には、引越しを考える必要もあります。

スポンサーリンク