MENU

気管支炎でも咳が出ないことがある

スポンサーリンク

気管支炎の代表的な症状に咳がありますが、中には咳が出ない気管支炎もあります。
咳が出ないので自分が気管支炎になっているということに気付かず、悪化してしまったという事例もあります。
咳が出ない場合は他の病気も発症している可能性があります。
しかし合併しやすいとされる病気は喘息や肺炎で、どちらも症状の中に咳が含まれます。
咳が出ない場合は自分が気管支炎であることに気付かないので、他の症状を確認してみます。
気管支炎の症状には、咳以外に発熱・喉の痛み・痰・肩こり・関節痛・腹痛・背中の痛みなどがあります。
風邪の初期症状と似た症状なので風邪と間違われたり軽く考えられたりしますが、これらの症状が長引くようなら疑いがあります。
肩こりや背中の痛みは日常の動作や体の酷使でも起こるので、長引いても軽視されることがあります。
特別何かしたわけでもないのに痛みが発生したり、マッサージなどで体の疲れを癒しても痛いようなら、早めに病院へ行った方が良いと思います。

スポンサーリンク

肺炎に関しては、肺炎だけを発症することもありますが気管支炎が悪化することで発症することもあります。
肺炎は重症化すると命に係わるので、病院で治療を受ける必要があります。
気管支や肺の病気の原因は、細菌・ウイルス・ほこりなどの大気汚染物質です。
しかし多くの細菌やウイルスは、体内に侵入して感染したとしても免疫力により退治されて発症にまで至らないのです。
発症してしまうということは免疫力が低いという証で、年齢的に免疫力が低い高齢者や子どもが発症しやすいといわれています。
高齢者や子どもの発症は仕方のないことですが、近年では若い世代の人たちでも発症する人が増えているので問題視されています。
若い世代の人が発症してしまう原因としていわれているのは、生活習慣による免疫力の低下です。
免疫力が一番正常にあるはずの若い人たちが感染し発症する原因は、食の欧米化やパソコンなどによるストレスだとされています。
高齢であっても若くても、生活習慣に気を付けることで細菌やウイルスに強い体は作れます。

スポンサーリンク