MENU

幼児が気管支炎を発症している時のプールについて等

スポンサーリンク

気管支炎とはその名の通りに気管支に炎症が起きる疾患で、大人のみならず子供が発症する場合も少なくないです。
そもそも気管支とは空気の通り道である気道の一部で、空気が最終的に運ばれる肺に近い位置にあります。
 気管支は単純に空気の通り道であるだけではなく、口から入った異物を除去する役割も担っています。
気管支の粘膜の表面は線毛という細かな毛で一面が覆われていて、この線毛が異物を絡め取る仕組みになっています。
そのため気管支に炎症が起きた場合には速やかに病院を受診して、適切な治療を受ける事が大切になります。
 気管支炎を発症する原因で一番多いと言われているのが、細菌やウイルスへの感染による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、中でもインフルエンザウイルス等が原因となりやすいとされています。
 それ以外にもマイコプラズマのような微生物、カンジダのような真菌等の侵入が原因となって発症するケースもあります。

スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪と似ている部分があり、勘違いして市販の風邪薬を服用してしまう人もいます。
具体的に現われる症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や咳等があり、特に咳は特徴的な症状だと言えます。
気管支炎の咳は初期の段階ではコンコンという乾いたものなのですが、状態が進行すると痰が絡んだ湿った咳へと変化します。
また幼児が発症した場合には発熱が強く現われる事が多く、場合によっては38度以上の高熱が数日に渡って続く事もあります。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、消炎薬や解熱剤等が処方される事になります。
また原因が細菌による感染症の場合には、抗菌薬を投与して根本的な治療を行う事が多いです。
 ちなみに幼児が夏場に発症した場合には、プールに入れさせて良いか迷うという人も少なくないです。
結論から言うと肺炎を併発してしまう可能性等があるので、プールに入れるのは控えておいたほうが賢明です。
幼児は気管支そのものも未熟なので気管支炎で気管支が弱っている状態でプールに入ると、気管支や肺にダメージが加わる可能性があります。
そのため咳等の症状が続いている場合はプールは控えて、まずは完全に治す事に専念する事が大切です。

スポンサーリンク