MENU

ストレスも原因となる気管支炎とは

スポンサーリンク

気管支炎とは、呼吸器疾患の一種で、気管支に炎症が起きている状態のことを指します。
症状の出方や期間によって、急性と慢性に分類することができます。
鼻や口から空気を取り込むと、その空気は気管を通って気管支へ流れていきます。
気管支は気管から2本に分かれて左右の肺へ空気を送り込むために存在しており、そこから更に細かく枝分かれして肺胞へと続いていきます。
右の気管支は左の気管支よりも太く短いため、食べ物などが誤って気管の方へ入ってしまった際には右の気管支に入りやすいと言われています。
気管支炎は症状の現れ方や期間によって急性と慢性に分類されます。
3ヶ月以内に治まれば急性、3ヶ月以上続くものは慢性となります。
ほとんどは急性のもので、風邪などに引き続いて発症するため、気管支炎だと気づかずに治癒することが多いとされています。
慢性のものは3ヶ月以上続くこと以外にも、それが毎年繰り返し起こることも特徴のひとつとなります。

スポンサーリンク

気管支炎を発症する原因は様々です。
急性の場合は感染症やガスなどの刺激物が原因となります。
慢性の場合は内的要因と外的要因があり、内的要因には男性であること、加齢、アレルギー、生まれつき呼吸器が弱いなどがあげられます。
外的要因では大気汚染、喫煙、ガス、感染症などがあげられます。
そして、慢性気管支炎の原因として最近特に多いと言われているのが、ストレスです。
ストレスが直接気管支炎を引き起こすということではなく、ストレスによって免疫力が低下したり、アレルギー症状が出やすくなることが原因となります。
また、ストレスが蓄積されていると、生活リズムが乱れやすくなるため、さらに発症するリスクが高くなると考えられます。
特に、大人の場合にはストレスが原因となって発症することが多いため、注意が必要となります。
対策としては、ストレスを溜めない、睡眠をしっかりとる、バランスの良い食事を心がける、適度な運動などがあります。

スポンサーリンク