MENU

抗生物質等を使った薬による気管支炎の治療について等

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支という部分に炎症が発生する疾患の事で、年代や性別等を問わずに誰でも発症する可能性を秘めています。
そもそも気管支とは空気が行き来する管である気道の一部で、肺にとても近い所に位置しています。
口から入った空気には異物が含まれている事もあるのですが、その異物の除去にも気管支は一役買っています。
気管支の粘膜の内側表面は線毛と呼ばれる細かな毛で覆われていて、この線毛が異物を絡め取る働きをしてくれます。
絡め取られた異物は痰と一緒に体外へと排出される仕組みとなっていて、私達が感染症等を発症するのを予防してくれています。
 気管支炎が発症する原因に関しては様々ですが、中でも特に多いとされているのが感染症による発症です。
原因となる細菌やウイルスは複数ありますが、インフルエンザウイルス等が原因になりやすいと言われています。
こうしたウイルスや細菌が体内に入り込み、気管支に付着・繁殖する事によって炎症が発生してしまうのです。
 スポンサーリンク

 気管支炎を発症した場合に現われる症状は風邪と似ている部分があり、初期の段階では勘違いしてしまう人もいます。
具体的な症状としては発熱や頭痛、全身の倦怠感や筋肉痛、喉の痛みや違和感等が挙げられます。
それ以外にもこの疾患の特徴的な症状として咳が出る事が多く、乾いた咳から痰が絡んだ咳に変化するという特徴があります。
気管支炎は発症してからも放置を続けると肺炎を併発する可能性があるので、早めに治療を開始する事が大切です。
 気管支炎の治療方法としては薬物療法を行なうのが一般的で、抗生物質や消炎薬、痰を溶かす薬等が用いられます。
ちなみに原因がウイルスの場合にはインフルエンザ以外は特効薬がないのですが、細菌ならば抗生物質が特効薬となります。
詳しい検査を行って細菌の種類等を特定して、その細菌に対して効果が期待出来る抗生物質を投与します。

病院での治療を受けながら安静に過ごしていれば、多くの場合は数週間程度で症状が落ち着いてきます。

スポンサーリンク