MENU

気管支炎と飲酒アルコールについて

スポンサーリンク

気管支炎はどのような人でも発症する可能性があります。
とくに急性といわれるものは、細菌やウイルスが関係しているので、風邪をひいてこじらせたときに気管支炎を発症することが多くなっています。
毎日の生活の中で規則正しい生活習慣を身につけることが大切になります。
食事内容を見直して睡眠時間をしっかりと確保し、免疫力を高めることが予防となります。
その中でこの病気は子供だけではなく大人も発症するようになっています。
大人の場合は飲酒アルコールが関係していることもあります。
なぜ飲酒アルコールが関係しているのかというと、本来は喘息のアレルギーを持っている人が飲酒アルコールをすることで、発作が引き起こされるようになっています。
これはアルコール誘発喘息と呼ばれることもあります。
体の中にアルコールが入ってくると、分解される過程でアセトアルデヒドという有害物質が生成されるようになっています。
これが酵素によって害のない酢酸という物質に変化されるようになっています。

スポンサーリンク

しかしこの酵素を生まれつき持っていないという人や少ないという人がいます。
このような人はアルコールに非常に弱い体質となっています。
したがってたくさんのアルコールを摂取したときには、分解をすることができずにアセトアルデヒドが体の中にたくさん残ってしまうというような状態となってしまいます。
アセトアルデヒドが体の中にあると、肥満細胞という細胞からヒスタミンという物質が放出されるようになっています。
これが咳をたくさん出す原因となっています。
アレルギー性鼻炎などでヒスタミンという言葉を耳にすることがありますが、気管支の筋肉を収縮させて発作を引き起こすようになっています。
肥満細胞というものは名前とは異なり肥満とは関係がありません。
しかしさまざまなアレルギー反応に関係しています。
気管支炎の人はアルコールを摂取するのを控えるというのが理想です。
アルコールを飲んだ後に咳が続いたり気管支の状態があまりよくないということであれば、今後は摂取を控えるようにします。

スポンサーリンク