MENU

気管支炎の症状のチェックポイントと治療について

スポンサーリンク

風邪を引いたり、季節の変わり目などに咳が長引くことがあります。
一般的に1週間程度治まるようであれば、病院へ行かなくても問題ありません。
しかし2週間から1ヶ月以上続く場合は注意が必要です。
そこで気管支炎の症状におけるチェックポイントについて説明をします。
まずは発熱があるかどうかです。
発熱を伴っている場合はウイルス性の可能性があり、周囲の人へ感染することもあるので早めに病院へ行くことが必要です。
次に熱がなく、乾いた咳の時はストレスや季節の変わり目などが原因となって起こっていることが考えられます。
症状の特徴としては強く咳き込むことはなく、空咳が1日中出ます。
また喉に少し痛みがある人もいます。
そして、それまでに風邪を引いていた人は気管に炎症を引き起こしていることも予想できます。
このような症状を自分でチェックして2週間以上経過しても症状が和らいでこないようであれば、呼吸器科を受診することをおすすめします。

スポンサーリンク

症状のチェックをして病院へ行く時は内科より呼吸器科の方がより専門性が高いので的確な治療を行ってもらえます。
まずウイルス性の咳の治療は抗生物質の投与や吸入タイプのステロイドを処方されることが多いです。
また人にうつることも考えられるためマスクをしたり学校や職場に行かないように指示があります。
寝ている時もマスクをして安静にすることが重要です。
そしてウイルス性ではない気管支炎と診断された場合は、上記のようなステロイドや咳止めを処方されることが一般的です。
軽度な気管支炎であればステロイドを服用することで1週間から2週間で咳は止まることが多いです。
熱がない場合は普段通りに生活をしていても問題はありません。
咳が出るため体がしんどい時は無理をしないで休養を取ることも大事です。
咳に対する確実な予防対策はありませんが、人ごみへ行く時はマスクをしたり帰宅時には手洗いうがいをしてストレスを溜めないように生活することも大切です。

スポンサーリンク