MENU

気管支炎の治療方法と完治するまでの期間

スポンサーリンク

気管支炎とは気管支がウイルスや細菌によって炎症を起こしている状態です。
それによって咳が止まらなかったり、たんが出たりなどの症状を引き起こします。
気管支炎に急性と慢性の場合があります。
急性の場合、主にウィルスや細菌に感染することで起こるもので気管支炎のほとどんがこれになります。
症状は乾いた咳が出始め、そのあとたんが絡んだ咳になり、胸がゼイゼイ苦しくなります。
風邪を併発することが多く咳や鼻水やのどの痛みや発熱などの症状が出ます。
熱が下がった後も気管支の炎症が続いて咳が出続けることもあります。
慢性は、一年の間に3か月以上咳やたんが持続して、それが2年以上続いているものを言います。
慢性の場合は百日咳や緑膿菌や副鼻腔気管支症候群などのさまざまな原因が考えられ、大気汚染のやたばこも原因となることがあります。
咳やたんの症状が続きひどくなると白いたんが黄色いたんに変わってきます。
悪化すると呼吸困難を伴います。

スポンサーリンク

急性の場合は対症療法が基本です。
温かくして安静を保って十分に栄養を摂取することが大切になります。
咳を鎮めるための鎮咳薬やたんを取り除く去たん薬など症状を和らげる薬を利用することもあります。
たんが出始めると咳止め薬はたんをとどめることになり逆効果になるため、たんを出しやすくする薬が効果的です。
インフルエンザを発症している場合は抗ウイルス薬を使用することもあります。
完治するまでの治療期間は数日から数週間になります。
慢性の場合は日常生活に支障をきたしていない場合は咳やたんを減少させたり、呼吸困難を改善するために気道を広げる薬を飲んだり症状悪化の防止に行います。
日常生活が送れないほどの症状であれば入院が必要になってきます。
息切れがひどく、咳やたんが増加したことで症状が悪化、呼吸数が増加、膝や足首までにむくみ、呼吸困難により心不全、肺炎の合併などの症状が出た場合はいち早く医者に行って治療してもらうことが重要です。
完治するまでの期間は個人差はありますが、数週間から数ヶ月かかることもあります。
症状が良くなっても完治するまでに期間を要するために我慢強く治療することが大切です。

スポンサーリンク